会わない後悔より会う後悔。

Hello!Projectと関ジャニ∞を愛する20代女子の戯言

華麗にtake off

4/29 春ツアーの京都昼公演にて、工藤遥が今年の秋ツアーをもってモーニング娘。'17 及びハロー!プロジェクトを卒業することを発表した。

 

卒業理由は、「女優の道を目指すため」

 

 

13期が入った時から、そう遠くないうちに誰か卒業するんだろうな、とは思っていた。

それがモーニング娘。だから。

だけど、それがどぅーだとは。

 

モーニング娘。史上最年少で加入したどぅー。

決め台詞は『LOVEマシーン発売後生まれです!』。可愛いビジュアルとは似つかないハスキーボイスに、噛み付く姿勢。狂犬チワワのハルちゃんも、もう17歳になったんですね。

霊感があるとかないとか、色々と迷走したり、厨二病キャラ(今もだけど)になったり、煮物で元気になったりもしましたね。*1

 

たしかに、10期の中で一番先の目標が見えていたのはどぅーだった。

たしかに、『LILIUM』*2でのファルスは最高だった。キャラもぶれ、歌もダンスもトップになりきれないハルちゃん(そんなもやしっ子工藤が好きなんだけど)がやっと見つけた居心地の良い場所、武器になりそうなもの、楽しいと思えるものが演技だってことは、みんな気づいてた。

 

それでも私は、どぅーがこんなに早く、しかも一人で卒業していくなんて、思ってなかった。思いたくなかった。

どぅーが卒業するときは、まー*3も一緒だって、W*4と同じパターンじゃないと認めないって、本気で思ってた。モーニング娘。で2人で成人を迎えて、その後2人で同時に卒業して、2人でユニットを組んで、2代目Wになってくれると思ってた。

 

でも、どぅーの方が先に夢を見つけてしまった。2人の目指す方向は、違ってしまったんだね。

どぅーの目指す「女優の道」に違和感がないといったら、嘘になる。独り立ちするだけの実力はまだないのに、本当に大丈夫なのか。後悔しないか。このままだと元・モーニング娘。の看板を背負っただけの、噛ませになってしまうんじゃないか。茉麻*5もまだ成功したとは到底いえないのに、方針は定まっているのか。それ以外にも、新規の女ヲタが離れてしまうとか、色々考えることはある。

 

でもそれがどぅーにとって、大好きなモーニング娘。を卒業して、ファンの不安を越えてまでも挑戦したい事なんだと。そう思えば思うほど、考えれば考えるほど、寂しくて仕方の無いことだけれど、卒業の選択肢を受け入れる気持ちになった。

 

元々音楽事務所で、芝居関係のマネジメントが弱いところで、芝居メインを志すのは大変だと思う。なっちやガキさんのように、舞台で頑張るのか、真野ちゃんのように、テレビに出れるようにするのか。前例もまだ大きな成功を収めているわけではなく、模索中の今、どぅーもそのいばらの道を進んでいくのだ。

 

誰かの卒業が決まる度に、ジュンジュンの言葉を思い出す。

モーニング娘。はなんで卒業しないといけないんだろう。でもこういうルールがあるからジュンジュンもモーニング娘。に入れたわけですよ。』*6

モーニング娘。に加入したら必ずいつか卒業する。そして、そこには、モーニング娘。になりたい女の子達がいまかいまかと加入を待っているんだ。

 

秋ツアーラストまで、モーニング娘。工藤遥を全力で応援していきます。

そして、女優・工藤遥も全力で応援できるよう、最後まで、突っ走ってください。

 

 

 

 

*1:2015年の工藤バースデーイベントでの名言「俺の煮物で元気になれよ」

*2:2014年上演、末満健一脚本演出、モーニング娘。'14(道重、生田、飯窪を除く)とスマイレージ(現・アンジュルム)出演の舞台

*3:佐藤優樹

*4:辻希美加護亜依のユニット

*5:Berryz工房のメンバー・須藤茉麻。無期限活動停止後、演劇女子部プレイングマネージャーとして演技の勉強中。

*6:モーニング娘。コンサートツアー2009秋〜ナインスマイル〜 ファイナルで卒業する久住小春に送った言葉。