会わない後悔より会う後悔。

Hello!Projectと関ジャニ∞を愛する20代女子の戯言

ハロヲタがNiziUにハマった話

今話題のNiziUに、例に漏れず私もハマりました。

Make you happy

Make you happy

  • NiziU
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

今までK-POPにはほぼ興味がなかったのに、なぜだろうと思ったのですが、よく考えてみたらNiziUにはハロヲタの私がハマれる要素がたくさんありました。

今回のエントリーでは、ハロヲタがNiziUにハマった要素をつらつらとつづります。

K-POPに興味のないハロヲタの私がNiziUにハマった3つの要素

①オーディション番組発グループ

 そもそもNiziUは、TWICEを輩出した韓国の芸能事務所・JYPエンターテイメントとソニーミュージックが共同で開催した、「Nizi Project」(以下、虹プロ)というガールズグループオーディションから誕生しました。

モーニング娘。ASAYANというオーデ番組から誕生したこともあり、ハロヲタは、オーデが好き。*1

とにかくオーデの模様を見ながら、あーだこーだ言うのが楽しい!

女の子たちがひたむきに努力する姿。それでも突きつけられる脱落や厳しい評価。オーディションから見られる彼女たちのストーリーが大好き。

チームミッションに挑む姿とか、心を揺さぶられる感じがたまりませんでした。

 

ハロプロ研修生あがりの子ももちろん好きなんですけど、私基本的にオーデ組の子が大好きなんですよね。最近だと、BEYOOOOONDSの「ONLY YOU」オーデ組*2がもうドンピシャに好き。

最終オーデの映像とかもういつ見ても泣けます。

才能の発掘感、みたいなのが良いんでしょうね・・・

 

Nizi Projectのオーデの中でも好きだったシーンは、


19:50~ マコチーム(Mr.お姉さん)のチーズハンバーグつくるくだりです。(パフォーマンスじゃないんかい)

もちろんこのときの課題曲「Swing baby」も最高によかったのですが、合宿オーデならではの人となりみたいな部分が如実に出ていたところで、キュンキュンしました。

 

②プロデューサーの存在

「NiziU」「虹プロ」に欠かせないのが、プロデューサーのJ.Y. Park(パク・ジニョン)さん。通称・餅ゴリ。もうあだ名までもが愛おしい。

餅ゴリの良いところは、端から否定しないところ。そして、可能性を最大限に褒めるところ。時に不公平や、贔屓だ!なんて声もありましたが、私は、その子に秘められた魅力を見出している、と思いました。

そんな個性と可能性を大事にする餅ゴリに、どこかハロプロの総合プロデューサー・つんくさん*3と重なるものを感じたのが、虹プロにハマった大きな要素の一つだなあ、と思います。

虹プロを見た後に知ったのですが、TWICEのモモちゃんは、TWICEを結成するときのオーディション番組*4で、一度脱落して、その後餅ゴリの鶴の一声で復活合格し、デビューメンバーに選ばれたんですね。なんか「譜久村、降りといで」*5感を感じて、なんか勝手に沸きました。

 

③成長の過程が見られる

あくまで私の見方ですが、韓国アイドルは「結果を見る」アイドルだと思っています。長い練習生期間を経て、完成した形で世に出される。しっかりとしたスキルに完璧なパフォーマンスは、確かにすごいです。

反対に日本は、「過程を見る」アイドル。素人の垢抜けない子達が、きれいになって、どんどん成長する姿を、応援するスタイルかなあ、と。

私は典型的な「過程を見る」アイドルが大好きマンなので、オーデ組大好き芸人だし、イモっぽさ満開の子がどんどん可愛くなったり、歌が下手だった子がうまくなってパートが増えていく姿を見るのがたまらなく好きです。(とはいえ、もちろんスキルのある天才型・研修生上がりの子も好きだよ)

あと、スキルだけではない、どうしても好きになっちゃう愛嬌やスター性みたいなものもありますよね。道重さゆみとか道重さゆみとか道重さゆみとか・・・()

 

虹プロは、練習生の子や元々芸能活動経験のある子が参加していたりもしたけれど、私の思っている韓国アイドルとは違い、素人の子も参加し、食らいついていた、という印象です。ミッションを重ねるごとに、スキルだけでない魅力が見られたり、なによりどんどん成長していく姿がもうたまらなかった!アヤカちゃんがその最たる例だと思います。正直歌もダンスも参加者の中では、全然上手ではないのだけど、「なにこの子~~~~かわいいんだけど~~~!!」とニヤニヤしちゃう感じ。

NiziUにアヤカちゃんが選ばれていなかったらもしかしたらちょっと見方が変わってたかも・・・と思うレベルで、私の中ではキーパーソンでした。

チームミッションで「ICY」をやったリオちゃんの成長の過程も、結構ぐっときました。

 

つらつらとハロヲタがNiziUにハマった3つの要素を書きましたが、NiziUというより虹プロにハマった要素みたくなってますね。

今後NiziUの方向性が、ザ・K-POP!寄りになっていったら、またちょっと気持ちも変わるかもしれないのですが、今はもうインスタ見たり、YouTubeで虹プロ一気見したりと、可愛い可愛いモードです。超個人的メンバー評したいので、次回エントリーに期待。

*1:中には違う人もいるかも。違ったらごめんね。

*2:平井美葉ちゃん、小林萌花ちゃん、里吉うたのちゃん

*3:2014年以降はサウンドプロデューサー

*4:「SIXTEEN」

*5:モーニング娘。。9期メンバーで9代目リーダー・譜久村聖ちゃん。ふくちゃんは、9期メンバーの3次オーデで落選していたものの、つんくさんの判断で、新メンバー発表の場で復活合格。