会わない後悔より会う後悔。

Hello!Projectと関ジャニ∞を愛する20代女子の戯言

シンメとコンビとセンターと。

ハロヲタの私が最初わからなかったジャニーズの文化、それはシンメだ。

 

 

シンメトリー(左右対称)が語源で、Jr.で同じような衣装をきて左右対称に踊るメンバー2人につけられるそうだ。

有名なシンメには、V6の健ちゃんとGOタリモ*1の剛健コンビ、山Pと生田斗真(やまとま)がいるらしい。

(ありがとう、Google先生)

 

ハロー*2にも、Jr.と同じようなデビュー前の下部組織、ハロプロ研修生*3というものがある。現在、つばきファクトリーハロプロ研修生に籍を置いているが、Jr.の様にデビュー前にユニットを結成するということはなかなか珍しい。

ハローではユニット結成=デビューというのが通例だ。まだハロプロ研修生に籍を置いているがつばきファクトリーもメジャーはまだだが、インディーズでCDは出しているため、正規のハロプロメンバーになった、ほぼデビューが確約されているといっても過言ではない。

 

少し話がずれたので軌道修正しよう。

ハロプロ研修生もJr.のように先輩のバックで踊ることや単独で踊ることはあるが、基本的には横並び、みんな衣装が同じなのでシンメになることは少ない。そのため「シンメ厨」のような人はあまり聞かない。

シンメよりセンターの方が尊ばれるのが、ハローな気がする。

歌割りを増やすのも勿論だが、誰もが自分のセンター曲を夢見て、端っこから頑張っているように思うし、安倍なつみ後藤真希鞘師里保など絶対的なセンターがいた方が、一般視聴者からも覚えやすく、柱がいることでグループも組み立てやすい。

1998年横浜ベイスターズ黄金期、絶対的な抑えの投手、大魔神こと佐々木主浩がいたからこそ、権藤監督は佐々木を不動の中心にチームを組み立てたそうだ。それと理屈は同じだ。何の話だ。

 

ジャニーズにも、Hey!Say!JUMPの山田涼介のように、センターはいるが、ハローのように、センター争いがあったりだとか、○○君の初のセンター曲だ!のようにセンターに固執していない。センターが誰になるかに一喜一憂することもない。そんな印象がある。

(他Gを知らないので、イメージと推測になりますがご了承願います。)

私が追っている関ジャニ∞では、渋谷すばるが圧倒的センター感を出しているが、ファンは彼をメインボーカルと呼ぶことを推している。センターは決まっていない。

ジャニヲタは、センターよりも、シンメ•コンビ間のあれこれに思考をめぐらせ、胸を躍らせているのではないだろうか。

 

シンメの話に戻ろう。

最近ではモーニング娘。の鞘石*4がシンメだったのかな、とは思うが、先に述べたように、"シンメ"の文化が薄いので、ジャニーズにもある、"コンビ"としての括りにいれられている。

 

ジャニーズに人気シンメ、コンビがあるように、ハローでも人気コンビは多数存在する。

まーどぅー*5、やじすず*6、みやもも*7なんかはメジャーで、ファンも多いイメージがある。

ちなみにわたしは、娘。*8サブリーダーズ*9、だーさく*10、はーちぇる*11、ちなもも*12を好きなコンビとしてあげている。表ではビジネス感があるけど、本当は仲良い、みたいなビジネス不仲に萌える傾向が強い。最近の豆大福*13にその傾向が強くて、とても萌える。エイトのコンビで今一番豆大福がきてますよね。絶対的人気を誇っていた倉安*14はどこにいった……

 

ジャニーズのシンメと、ハロー!プロジェクトのコンビはイコールではない。

ジャニーズのセンターとハローのセンターもイコールにはできない。ニアリーイコールといったところだろうか。

男女の差はあれど、同じアイドル。

組織体制は類似する点が多いジャニーズとハロー!プロジェクトであるが、この差は何の差なのだろうか。

実に興味深い文化、これからも考えていきたい。